徹底した根管治療

こしだ歯科医院TOP > 徹底した根管治療

根管治療って何?

歯が痛んだり、歯茎が腫れて膿が出て、抜くしかないと言われることがあります。 そんな時、歯を抜かずに永く健康な歯として機能して欲しいと誰もが願うことでしょう。 そんな歯を抜かずに甦らせる可能性がある、最後の治療が根管治療です。歯から柔らかな部分(神経、血管など)だけを取り除き、薬で 塞ぐことで病気の原因を取り除く治療です。

根管治療では歯の根一本ごとに神経の取れやすさは異なります。
また、歯科医ごとに考え方、治療法、器具等が異なり、もちろん結果も異なります。

一旦治療した歯の再治療は、以前の治療より高度な治療でなければ治せません。
しかし、本当に治療しきれれば将来再治療することは滅多にありません。

抜かずに歯を甦らせる根管治療ですが、普段から器具や治療に精通していなければ中々結果が出るものではありません。


そんなに違うの?

はい。
違う人が同じ絵を描くことがない以上に、見えない管を同じように彫刻(根管拡大)することはあり得ません。 当然、歯科医の考え方が違えば歯の神経の残り方が違います。

次の写真は、突然強烈な痛みを訴えて来院された患者様のレントゲン写真です。

歯根の中の白い部分は削って薬を詰めてあると思われます。しかし、その先には神経が残っていて薬が入っていません。
その部分を削ると、次の写真のように

器具に絡む線維性の神経が残っていました。それを根の先まで丹念に取り除くと、神経がなくなるにつれて症状が改善し、器具も歯根の先まで届くようになります。
歯根の中を隈なく探って神経がなくなり、器具が歯根の先まで届いたら薬で塞ぎます。神経が残っていると症状も残ってしまいます。

神経がなくなるにつれて症状が改善し、器具も歯根の先まで届くようになります。

症状がとれるのは、神経がなくなったことによるもので、決して薬で塞ぐことで治るのではないのです。

このように治療された歯は健康な歯と同じように噛み合わせを支えることができます。再治療の危険も非常に低くなります。


なぜ根管治療?

これからの長寿社会では、今までのように歯を失えば、長い期間噛む機能無くして生活しなればなりません。
生活の質が低下し、その機能を介護で補うのは、あまりにも不幸な社会と言わざるを得ません。
一本でも多くの歯の機能を維持し、甦らせることが本当に歯科医に求められているのではないでしょうか?


どこが違うの

通常の根管治療では、

  • 根の神経の管に器具が入るように歯を削る
  • 根の神経の管(根管に細いヤスリ)を入れて歯の長さを測る
  • ヤスリ(ファイル)で削って太いヤスリになったら薬で塞ぐ

  • このように治療の過程に残った神経を探すことも神経の3次元的な形を把握することもありません。
    当院では、根管の形を探りながら神経を取りつつ器具を進めます。
    そのため再治療でも改善するケースが沢山あります。


    無断転載禁じます(平成30年12月15日)


    予約はこちらから
    ページのトップへ